日々映画日記



第79回アカデミー賞ノミネート作品発表

第79回アカデミー賞ノミネート作品が1月23日発表された。

作品賞にノミネートされたのはゴールデン・グローブ賞最優秀作品賞受賞作品、菊池凛子ちゃんも出ている『バベル』、レオナルド・ディカプリオとマーティン・スコセッシ監督の『ディパーテッド』、イーストウッド監督『硫黄島からの手紙』、ロード・ムービー『リトル・ミス・サンシャイン』、そしてダイアナとエリザベス女王の間の確執を描いた『クィーン』の5作品。

去年一年間のアメリカ国内で際立った作品というのは正直なかった気がする。
その中でもやっぱり、バベルが注目に値するのかも。
個人的には、「硫黄島からの手紙」に頑張ってもらいたい。
この映画は、日本が先に公開してたんだよね。
帰国したときに見そびれたんだけど、いまアメリカで上映されてる。
評価も「父達の星条旗」は思ったより良くないみたいだけど、「硫黄島からの手紙」はかなり良い評価を受けてる。まだ見てないんだけど、渡辺謙さん始め、本物の日本人の役者を起用してくれたのがうれしい。(全編英語のアジア映画?「さゆり」とは大違い。)

嬉しいことに作品賞にノミネートされた5つの作品のうち、2作品が日本に関係しているもの。
今まで、映画やテレビで出てくる日本人って、アメリカ人の概念から作られた姿が多かったけど、最近では、テレビシリーズ、「HERO」も日本人が主人公だし、こうした映画やテレビの中で本当の日本人を理解してもらいたい。

映画『バベル』に出演した菊地凛子ちゃんもを助演女優賞にノミネートされてる。
日本女優がオスカー候補に挙げられたことは49年ぶりらしい。
ゴールデングローブでは賞を逃したけど、アカデミー賞で良い結果がでればいいね。

授賞式は現地時間の2月25日ハリウッドのコダック・シアターにて行なわれる。
[PR]
by movie-lover | 2007-01-24 23:48 | NEWS
<< Lucky Number Sl... トム・ハンクスとジュリア・ロバ... >>


映画の記録とセレブニュース
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31