日々映画日記



カテゴリ:Independent( 2 )


コーヒー&シガレッツ

e0108334_19183933.gif

原題・・・Coffee and Cigarettes (2003)
e0108334_1991620.jpg

ジム・ジャームッシュ監督の短編映画。
18年かけて11本の短編映画を取り続けたらしいです。
そもそもアメリカの人気コメディー番組SNL(サタデー・ナイト・ライブ)から依頼をうけたのがきっかけだそう。
11編、全然違ったストーリーだけど、コーヒーとタバコを挟んでの会話。
e0108334_18535159.jpg

白黒と必ずテーブルを見下ろすように撮るシーンも一貫してます。
男がこう語ります。
"Cigarettes and coffee, man. That's a combination"
e0108334_18551768.jpg

そう、その通り。今はもうタバコはためたけど、その気持ちよくわかる。
健康に悪いから、今は禁煙が広がって、コーヒーショップでも禁煙率が高くなったのは賛成なんだけど、最高の組み合わせという気持ちもよく分かる。

この映画は俳優が本人として登場している人たちも少なくは無い。
ビル・マーレイもその一人。
e0108334_18585379.jpg

しかしなぜかコーヒーショップの店員役。

出演者達は、ジム・ジャームッシュの個人的な知り合いが多いそうだが、ケイト・ブランシェットはそうではなく、監督自らたっての希望で出演を依頼したらしい。
e0108334_1911984.jpg

彼女は一人二役を演じた。
e0108334_1932082.jpg

監督は彼女のカメレオン的演技力に魅入られて、一つのシーンで二人を演じる彼女を見たくなったんだそう。
e0108334_1993154.jpg


この映画にはいろんな個人名が出てくる。それをしているのと知らないのとではストーリーの面白さが変ってくるだろう。
一度見る前に知識として知っていたほうが面白いはず。
解説は公式サイトにでてる。

音楽や、ウィットにとんだ会話、そしてコーヒーとタバコの最高のコンビネーション。
それぞれのストーリーに個性があって面白いとおもう。

ランキングに参加してます。この記事に興味を持った方はぽちっとね。
現在映画カテゴリ109位。
人気blogランキングへ
現在映画(洋画)カテゴリ7位。
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Length・・・・・・・96 minutes

Director・・・・・・Jim Jarmusch

Cast・・・・・・・・・Steven Wright, Roberto Benigni, Steve Buscemi, Joie Lee, Cinque Lee, Iggy Pop, Tom Waits, Cate Blanchett, Bill Murray, Alfred Molina, Steve Coogan

Awards・・・・・・2005 Independent Spirit Awards®: Best Supporting Female nominee: Cate Blanchett
[PR]
by movie-lover | 2007-02-10 19:20 | Independent

Conversations with Other Women

e0108334_7585092.gif

邦題・・・カンバセーションズ
e0108334_80121.jpg
ウェディングパーティーにブライドメイド(花嫁の付添人)として参加した女(ヘレナ・ボトム・カーター)と花嫁の兄として出席した男(アーロン・エッカート)が見知らぬ人を装って会話を始めるところからストーりーが始まる。
会話の節々から彼らは古くからの知り合いで、愛し合っていた仲で、二人の関係は実は。。。

ヘレナ・ボトム・カーターのちょっと疲れた表情とすこしたるんだおなかと、若くてみずみずしい昔の姿とのコントラストで時代の移り変わりをうまく表現されている。

アーロン・エッカートが未だに彼女のことを忘れられず、現在の彼女の生活が気になってしまったり、せまりくる別れの時間に逆らおうとする姿が切なくなる。

個人的に、ヘレナ・ボトム・カーターのイギリスアクセントの英語もくせになる。
彼女のセリフでよく使われていた"Not at all"をついイギリス風にまねしてみたくなる。


この映画2分割になっていておもしろい。
これは結構古くから使われいる手法らしい。
その効果というのは、
・それぞれの姿を中心に見ることができる
・お互いの相手目線会話で見ることが出来る。
・現在と過去を同時に見ることが出来る。(会話のなかで回想される過去の出来事)
・同じ時に起こっている別の場所のシーンを同時に見ることが出来る。
・同じシーンを二つの表現方法でみれる。
2分割の効果を最大限引き出していてとても面白い。

ただ2分割で、字幕を読むとなるとかなり忙しい。しかもアクションよりも二人の会話でこの映画は成り立ってるので、会話もかなりの量。字幕の量も半端じゃない。しかも私の場合は、アメリカのDVDなので、字幕が英語の設定しかないし。。。 プライド・プレジュディスの字幕量よりはましかな。
視点をどこにもって行っていいのか定まらないのが疲れるのが難点。けっしてマイナスポイントではないものの疲れます。
2,3回見てみるのも良いかも。

音楽も、会話も、表現方法も良い。

ランキングに参加してます。クリックお願いします。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ


Title・・・・・・・・・・・・・Conversations with Other Women  (2006)

Length・・・・・・・・・・84 minutes

Director・・・・・・・・・Hans Canosa

Cast・・・・・・・・・・・・Helena Bonham Carter, Aaron Eckhart, Nora Zehetner, Olivia Wilde, Thomas Lennon, Cerina Vincent, Brian Geraghty, Brianna Brown
[PR]
by movie-lover | 2007-02-08 08:22 | Independent


映画の記録とセレブニュース
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31